中高年の転職 再就職 40代 50代の転職

40代 50代でも遅くない! 転職求人情報を探すなら「シゴト.in」!


≫≫ メガ転職サイト「シゴト.in」の求人情報はこちら ≪≪

中高年の転職・再就職前にキャリア査定

中高年が転職・再就職をする場合、一般的にはかなり厳しいといわれています。とくに40代 50代からの転職・再就職は少子高齢化の時代であっても、その傾向は変っていません。また、逆に年齢で採用基準を決めるという日本の雇用慣行があるため、どうしても若年層と比べて、中高年からの転職・再就職にはハンディがあるのは否めません。


40代 50代の中高年が転職・再就職をする理由としては「会社の倒産」「リストラ」「自己都合(独立を含む)」「ヘッドハンティング」「病気による退職」などがあります。90年代のバブルの崩壊以降はリストラ、倒産による転職が多かったのですが、最近は倒産件数が減少したため、倒産による転職は減っています。


実際に40代 50代の中高年の転職市場を見てみると、求められている条件はやはり「即戦力」です。それも限られた分野での専門性が求められる傾向が高いです。例えば会計であるとか経理であるとか、会社の上場など経験がある、またはITの専門知識などです。


中高年が転職・再就職先を探す前に、まずは自分にどんなアピールができるのが、「即戦力」となる分野はあるか得意分野はなにかなどキャリア査定を行うことをおすすめします。

中高年の転職・再就職時の履歴書と面接試験

40代 50代の中高年の転職・再就職するにあたり、履歴書と職務履歴書の内容が大きなポイントになります。なぜなら中高年には年齢相応の経験が求められており、即戦力が求められているからです。


就職試験でまず相手先の担当者があなたを評価するのは履歴書と職務経歴書の内容です。とくに中高年の転職の場合は、それまでの職歴があるので、これらの書類を書く過程で希望企業の求人内容との整合性が理解できる場合があります。


新卒と違って社会経験はかなり重視されますし、余りにもかけ離れた職種への応募は最初からはねられる可能性が高いことは覚悟しておきましょう。履歴書や職務経歴書は自分をアピールするツールですが、それ以上に中高年のこれまでの実力を見せにはまずはこれしかないからです。面接できちんと、というのは甘いでしょう。面接に行く前に不採用になる確率は高いというのが現状です。


また、中高年の転職・再就職試験に面接試験はつきものです。中高年の場合、面接試験をする側だったものが受ける側にまわると、面接試験の素人になってしまいます。しかし、最近は新卒も含め、面接は試験の中でかなり重要な位置を占めていますので、それなりの準備は必要です。


特に履歴書や職務経歴書に書かれた内容についてはしっかりと実績が話せる必要があるのは当たり前として、転職以前の会社の秘密事項や不平不満を述べるのはやめましょう。


≫≫ 登録件数40万件超! メガ転職サイト「シゴト.in」の求人情報はこちら

中高年の転職・再就職のもうひとつの選択

中高年の転職・再就職というと今までの経験を活かせる会社へというのが一般的ですが、思い切って新しい分野にチャレンジしてみるのもいいでしょう。


世の中には色々な職種や仕事があります。古くからある伝統的な職種やいわゆる職人といわれる仕事や、聞いたこともない職種まで様々です。40代 50代の中高年が活躍できる転職市場は、どちらかというと聞いたこともない若い市場かもしれません。


なぜならば、そうした市場や会社は経験豊富なスタッフがいないため、中高年の経験と力を必要としているからです。あるいは、自分でそうした市場を作り上げることで夢を実現させることもできます。例えばNPO法人もその一種です。これは利潤追求は禁じられていますが、世の中に貢献する、という意味では生きがいに通じる仕事ができるでしょう。


また、40代 50代の中高年の転職・再就職がかなり厳しいということから、最近では地方の少子高齢化、過疎対策などで、中高年を受け入れる自治体が多くなっています。セカンドライフとして単に居を地方に移すだけでなく、そこで職を得ながら暮らすわけですから、ある意味転職といっても差し支えないでしょう。


ただ、この場合でも家族の問題、移住先の仕事や収入、住環境、将来像など、事前に綿密に計画、調査が必要です。単に憧れや田舎暮らしやスローライフ、ロハス生活、といった動機で実行した場合、取り返しのつかないケースにもなりかねません。


40代 50代からの田舎暮らしに成功している人たちはやはり事前に時間をかけて綿密な調査と、近隣の人たちとの交流を怠っていなかったようです。田舎に移住して再就職というのも選択のひとつとして考えてみてはいかがでしょう。


メガ転職サイト「シゴト.in」